様々なコストを大幅ダウンできる労務管理システム導入がおすすめ

labormanagement

長時間労働を減らすためには人事労務管理システムが有効?!

スマホをいじる

現在、日本では長時間労働が問題になっています。
そのため最近では長時間労働に厳しい目が向けられていますが、会社の風土を変えるのは簡単ではありません。
そんな時に最初に取り入れたいのが、人事労務管理システムです。
人事労務管理システムを導入すると労務管理が簡単になり、現在の状況を可視化するのに非常に役立ちます。
例えば誰が長時間労働をしているのか、どの部署で残業が多いのか、有休をとっていないのは誰か、といったことがすぐにわかるようになるので、そういった社員と面談して問題を解決したり、残業が多い部署の人員を増強したりなどがしやすくなります。
またそういったデータを管理職と共有し、残業時間の削減目標を設定することで、積極的な問題解決を促す効果もあります。
人事労務管理システムではその他に、入社退社などの申請処理の業務が簡単に行えたり、社員がスマートフォンやパソコンで雇用保険や社会保険の申請を行うことができるようになるため、人事の業務が効率化できるといったメリットもあります。
人事や労務業務全般の負担を軽減することで残業を減らすといった効果も期待できますので、人事労務管理システムを有効活用していきましょう。

居場所不問で人事労務管理業務に対応可能なシステムを導入しよう

会社にお勤めしている人が、皆が皆、毎日オフィスに終日いるわけではありません。業種によっては、外勤営業社員の割合が高く、多くの社員が自宅と出先の直行直帰で、週に一度くらいしかオフィスに顔を出さない場合も珍しくありません。また外勤が多いわけではなくとも、最近は通勤ラッシュの緩和や働き方見直しの一環として、在宅ワークを導入する会社も多いです。このように、オフィスにいない社員を多く抱える企業では、人事労務管理システムを導入して、勤怠管理や休暇申請、給与明細の支給などを効率よく行える体制を整えるのがおすすめです。
出社しない社員が多い企業で、従来の書類使用が基本の手順で労務管理や人事関連業務を行っていると、手続きの遅延、頻回の文書授受に伴う送料コストの増大、文書が多くの拠点を行き来することで生じる紛失・情報漏洩リスクなど、多くの問題が起こり得ます。
人事・労務管理業務を一括してセントラルのシステムで処理するようにすれば、自宅はもとより、出張先でも、移動中の電車の中でさえも、必要な処理業務にあたることができます。これによって、大切な手続きの遅延を防ぎ、よりスムーズかつスピーディに手順を運営できるようになることが期待できるため、システム導入をおすすめします。

事業所の開設に向け人事労務管理システムの採用を検討してみよう

ある程度の従業員を抱えて事業所をスタートさせる場合は、労務管理業務の効率化に役立つシステムを取り入れてみてはいかがでしょうか。WEBを活用したシステムを取り入れることで、様々な分野で効率化が図れます。人事労務管理システムを導入した場合は、煩雑な人事や労務管理の事務処理が格段に効率よく行えるようになります。具体的には、従業員の情報を一元管理することで様々な処理をスムーズにできます。
労務管理の煩雑さを改善するために途中から人事労務管理システムを導入するケースが少なくありませんが、事業所の開設時から取り入れておけば、その部署の人員が最初から少なくて済みます。その分の人件費を、事業所の主力部隊に回せる可能性があります。給与明細もWEBを使って発行できたり、窓口での対応も情報の引き出しがスムーズにできるため一歩進んだ労務管理が可能になります。
労務管理の業務は直接従業員の方と関わる機会が多い部署ですが、スムーズに対応できれば会社としての信頼も高められます。現在は人事労務管理システムを導入する会社が増えていますから、最初から取り入れておいた方が余計な手間が掛かりません。事業所開設時はその他にも色々な準備が必要ですが、人事労務管理システムの採用も大切なこととして検討してみてください。


労働状況をクリアに可視化するためには労務管理システムを導入することが有効です!社員の勤務時間などを管理者が一括して見られるので労働状況改善のためにも役に立ちますよ!

社員が増えてきたら人事労務管理システムの導入がおすすめ!

従業員が少ない会社では、人事業務・労務管理に表計算ソフトを使っていることも多いのではないでしょうか?従業員が少なければ各種申請手続きにもそこまで時間がかからないので、慣れている人であれば表計算ソフトでテンプレートを作り、手動で…

MORE ▶

人手不足でも人事労務管理システム活用で効率よく業務処理できる

スタッフの数が増えてくると、人事や労務管理業務の量も増えてきます。社員の人数分の休暇申請が提出され、給与明細を発行し、勤怠状況の報告を受けて、適宜必要な対応を行う必要があります。こういった煩雑かつ広範囲な業務を手際よくこなすために人事…

MORE ▶

人事労務管理システムのメリットを上手く説明して導入を推進しよう

もともと人事畑が専門で、人事や労務管理業務の実際に詳しい方であれば、今ではこのエリアでも随分と使い勝手がいいシステムが開発されていることをご存じでしょう。自社においても、人事や労務管理まわりの業務量負担が問題になりつつあり、ソリューシ…

MORE ▶

文書保管場所を減らしてコスト削減できる人事労務管理システム

オフィスレンタル料が高額な地域でビジネスをしている場合、本当に必要なスペースだけを有する手ごろなサイズのオフィスを借りる必要があります。今では貸会議室サービスまであることから、会議室さえ必要最小限の数しかないオフィスを借りる会社も多い…

MORE ▶

UPDATE LIST

2019年05月28日
文書保管場所を減らしてコスト削減できる人事労務管理システムを更新しました。
2019年05月28日
人事労務管理システムのメリットを上手く説明して導入を推進しようを更新しました。
2019年05月28日
人手不足でも人事労務管理システム活用で効率よく業務処理できるを更新しました。
2019年05月28日
社員が増えてきたら人事労務管理システムの導入がおすすめ!を更新しました。
TOP